ハスラーの国沢光宏さんによる試乗動画です。

ハスラー試乗動画(国沢光宏)

 

ハスラー国沢光宏さんが試乗している動画を紹介します。

 

 

ハスラーに試乗してみたいと思います。

 

東京モーターショーでデビューしたと同時に、物凄い売れ行きになっています。

 

 

売れていますね。ビックリです。

 

一番驚いているのはたぶんスズキで、こんなに売れる積もりじゃなかったと思うんですね。

 

ただ、スズキってそういうことをたまにやるメーカーで、ワゴンRが最初、500台くらい売れればいいやということでスタートしてプロジェクトが今やスズキの売れ筋車種になったというようなことをやる面白いメーカーです。

 

ハスラーも、最近の軽自動車は面白くない、という声を反映して何か面白い軽自動車はないの?ということで企画しました。

 

そしたら、大ヒットしました。

 

ハスラーのコンセプトはチョット変わっていて、SUV、何が特徴かというと最低地上高が高いので、例えばちょっとした悪路や雪道などでも走れるというクルマです。

 

デザインもそれに合わせて、可愛らしくして、色も特徴的です。

 

トヨタがピンクのクラウンを造ってからピンクが使いやすくなりました。トヨタは凄いですね。

 

スズキもハスラーにピンクを使ってきました。

 

 

エンジンは、ターボエンジンと普通のエンジンです。

 

最近のスズキの軽自動車はとっても軽量化をしているので、ターボなしのエンジンでも十分に走りますね。

 

走りなんですけど、こんなことを言うと、お前ら仕事しろ!何のためにいるんだ!と言われちゃいそうなんですが、極めて普通です。

 

これといった違和感もなく、凄く良いということもなく、ということですね。

 

この手の試乗動画を見ると、自動車ジャーナリストが出てきて、こうやってカメラの前でいろんなことを御託を述べるわけですが、おそらく皆さんがハスラーに乗ったら、評論家なんかいらないよ、というふうに思うと思います。

 

とりあえず、アクセルを踏んだら走って、アイドリングストップもきっちり機能して、エンジンのかかりもとても滑らかで、CVTなので走っていても変速が滑らか、燃費も渋滞を走っていても15km/Lも走っちゃうし、クルマの流れが良い道路だと軽く20km/Lは超えるくらい、だから文句がありません。

 

 

満足度で言うと、ハスラーも非常に高いです。

 

寧ろ、乗った時に窓が立っていて、今日は雨なんですけど、ワイパーが可愛らしく動いていて、昔っぽくて良いと思います。

 

久々に楽しいクルマだし、価格も高くないんですよね。

 

その気になれば、自動ブレーキも選べるし、アイドリングストップも付いているし、新しい今必要なものは全部盛り込まれているという意味においては、ハスラーを購入して失敗したなと思う事はないでしょう。

 

SUVということを考えると、例えば冬の季節だったら、オリンピックでスノボーがカッコ良かったから行ってみようかなというときに、スタッドレスタイヤを履かせて雪道を走っても最低地上高が高いからちゃんと走れるます。

 

夏場になったら、海にでも行ってみようと、みんなで海に行くことを考えると、ハスラーでいろんな遊び方ができるということで良いと思います。

 

ハスラーに興味がある人は、週末にスズキのディーラーへ行ってみるのも良いでしょう。

 

最近、込んでいるということですが、行って試乗してみてください。

 

良いかなと思っちゃうと思います。